TOP > 会社案内 > グループの歩み

高橋屋根工業グループの歩み

昭和25年   セメント瓦の製造と瓦工事を開始(初代 高橋 巳吉)
昭和45年 5月 「有限会社 高橋製瓦工業所」として法人化(二代 高橋 寛)
昭和51年   工場移転、新築
昭和53年 2月 屋根工事部門「高橋屋根工業株式会社」設立(三代 高橋 悌太郎)
昭和54年   工場 静電塗装ライン導入
昭和55年   仙台営業所 開所
昭和56年   工場 自動プレス機2台導入
昭和57~59年 工場 CPCM導入、役物自動プレス機導入
昭和60年   私製「雪止」開発
昭和62年   『サントピア』製造
  仙台営業所敷地内に「屋根材展示場」オープン
昭和63年   『クレスト』開発
平成元年   『セラストーン』(仮称)開発、販売
12月 石巻に「東日本配送センター」オープン
平成3年 2~
6月
(有)高喜工業他3社設立、分社(現在4社)
  『ユーロベスト』製造
平成4年   工場 自動脱型装置 設備
平成5年 3月 天然石瓦『シーファー33』開発成功
平成6年 2月 全国三燦会 設立
9月 創立45周年記念式典(29日)
10月 「(有)高橋製瓦工業所」を「(株)ティーアールティー」に社名変更
  工場増築 全自動化
平成7年 6月 建設省より、シーファー33が耐震・耐風技術評価をいただく(15日)
平成8年   工場 ライン移載装置設置
平成9年 3月 東京に「株式会社ジュラス」設立
4月 本社事務所 増築
ミサワホーム仕様『平成本葺瓦』開発
10月 『シーファーセラ40』開発
三州・丸栄陶業(株)においてOEMにより製造・販売開始
平成10年 4月 『シーファー33』、『ユーロベスト』、『平成本葺瓦』および『シーファーセラ40』が宮城県優良県産品として推奨を受ける
平成11年 5月 販売代理店「三燦エレベーター」として、世界最小のホームエレベーター『サンサンレディ』他、(株)ユニパー社製ホームエレベーター取扱開始
平成12年 2月 創立50周年を迎える(1日)
7月 高橋屋根工業(株)本社を東日本配送センター住所に登記移転(7日)
平成13年 3月 リョービ株式会社と『シーファーアルミ20』(リョービアルミダイカスト瓦)を共同開発
10月 リョービアルミダイカスト瓦(『シーファーアルミ20』) 平成13年度グッドデザイン賞受賞
平成14年 12月 東北経済産業局の地域創造技術研究開発事業費補助金事業(廃瓦を利用したセラミック系新瓦事業)の交付によるオムニミキサーを設備
平成15年 5月 石巻地域産学官グループ交流会にて、ニューセラミック透水歩道板『アクアセーブ』開発成功
6月 融雪歩道板の開発着手
平成16年   融雪歩道板・融雪瓦開発 記者発表
平成17年 2月 融雪歩道板・融雪瓦製品発表会・代理店説明会開催
平成22年 1月 『ナノカーボンセメント発熱体使用 遠赤外線足元暖房器』開発・販売開始